0円で入れる超穴場露天風呂!絶景・海・紅葉が堪能できる温泉

onsen (2)
LINEで送る
Pocket
Share on FriendFeed

昔ながらの共同湯の中でも無料または寸志で入浴できる温泉をご紹介します。

温泉地にあり地元の方に愛される憩いの場、マナーを守って仲間に入れてもらいましょう。

泉質もロケーションも最高の露天風呂。極上の解放感を味わえる目の前が海の温泉や紅葉も楽しめる山の中の秘境温泉も。

自然と温泉に心行くまで癒されちゃいましょう♪

スポンサーリンク

赤井浜露天風呂【静岡】

kumomi11
出典www.yumeguri.com

サンセットを見ることが出来る西伊豆にある露天風呂です。

切り立った崖に囲まれた場所に建っているため、露天風呂までの道がちょっとハード。

お風呂は一つのみで混浴です。水着の着用がOKなので、混浴初心者さんでも安心です。

入浴可能な期間は6月中旬から9月中旬。

湯船が崖っぷちにあり、とてもワイルドな温泉です。

アクセス方法

住所:〒410-3615静岡県加茂郡松崎町雲見

136号線雲身温泉の「赤井浜荘」が目印。近くに「赤井浜露天風呂入口」という看板が出ています。

赤井浜露天風呂の泉質・効能

泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物泉

お湯はちょっとしょっぱい味がするそうです。海沿いの温泉という感じのお湯です。

ポイント・注意点

  • 温泉まで足場が悪いのでスニーカーで向かいましょう。
  • 簡易脱衣所がありますが男女別れていません。行きは水着を下に着ていくと着替えが楽です。プール用などの大き目のバスタオルがあると上がった後の着替えも楽です。
  • ロッカーなどはありませんので貴重品の管理は自己責任で!
  • 24時間入浴可
  • 夏場のみ営業

黄金の湯【新潟】

roten
出典http://www.myoko.tv/sightseeing/935.html

登山スポットとして人気の妙高山。その登山道近くにある乳白色のお湯が特徴の露天風呂です。

男女それぞれお風呂が完備されているので、のんびりと温泉を楽しめます。

利用料は無料で、開放感のある森のいで湯を満喫できます。紅葉の時期にはとてもきれいです。

湯の花が浮かぶ源泉かけ流しのお湯を、妙高山の絶景と一緒に楽しめます。

水着を着用しての入浴もOKなので、女性も安心です。

アクセス方法

住所:〒949-2000新潟県妙高市燕

燕温泉への道は細いので、手前の駐車場に車を止めて歩いて向かいます。燕温泉駐車場があります。

小さな温泉街「燕温泉」を抜ると「黄金の湯」の看板が登場します。

坂道と階段が多めの道を上っていくと入り口につきます。

黄金の湯の泉質・効能

泉質:硫酸塩泉 PH:6.3 (中性)

慢性皮膚病や慢性婦人病、神経痛、打ち身、消化器系の病気に効果があるといわれています。

湯上りにはお肌がしっとりすると評判です。

ポイント・注意点

  • 行きは上り坂がきついです。
  • 男女別れています。
  • 簡易脱衣所あり
  • 貴重品の管理はきをつけて
  • 水着の着用OK。登山道が近いので女性は水着で入浴したほうがいいかも。
  • 夜間の入浴は不可

河原の湯【新潟】

onsen (2)
出典http://www.myoko.tv/sightseeing/

滝を見ながら温泉を楽しめる新潟妙高市「燕温泉 河原の湯」。標高1,150に位置し、混浴の露天風呂になっています。

妙高高原自然歩道の出発点「燕温泉」の温泉街から徒歩15分。

登山やトレッキングの後の入浴もおすすめ。

秋には大田切渓谷の紅葉を入浴しながら楽しむことが出来ます。冬は休業。

アクセス方法

住所:〒949-2000新潟県妙高市燕温泉内

先ほどご紹介した「黄金の湯」より奥地にあります。

燕温泉の中心地から徒歩15分程度です。道は山道なので坂道や階段が多いです。

河原の湯の泉質・効能

泉質:硫黄泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉

湯色は乳白色でよく温まり、肌もしっとりとするようです。

皮膚病や婦人病、切り傷などに効果があるようです。

ポイント・注意点

  • 脱衣所は男女兼用で狭め
  • 脱衣小屋内の男女の仕切りはあります。
  • 温泉地から徒歩15分なので歩きやすい恰好で。
  • 水着着用OK
  • 夜間入浴は不可
  • 冬の間はお休みです。

秘境露天風呂で大自然と温泉を満喫しよう

大自然を満喫できる露天温泉をご紹介しました。

今回ご紹介した温泉はすべて無料で入浴出来ます。混浴もありますが、水着の着用OKなので、女性でも楽しめます。

開放感のある秘境温泉でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

癒されたいあなたにオススメの温泉記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする